1. ホーム
  2. 複数のアプローチ方法

複数のアプローチ方法

カウンセリング

きれいな皮膚を目指す

いぼができると人の目が気になってストレスが生じる可能性があり、さらにいぼの多くは良性腫瘍ですが、稀に悪性の場合もあるので早めの治療が大切です。いぼの治療法としては杏仁オイルやいちじくの実などを使った民間療法もありますが、基本的には医療機関でしっかりと除去を行うような治療を受けると良いでしょう。そして、この場合は皮膚科でも治療が可能ですが、跡が残りにくく美容面でしっかりとした効果が上げられるということで、特に女性の場合は美容外科を選ぶ人が多いと考えられます。美容外科での治療では、メスを使わないレーザー療法が中心となっており、この中でも炭酸ガスを使ったCO2レーザーならば小さないぼはピンポイントの照射でとることが可能です。また、Qスイッチルビーレーザーは特定の色素に反応するようなレーザーで、これを使えば周りの皮膚を傷つけずに除去することができます。さらにQスイッチヤグレーザーを使えば、さまざまな色素の場合に対応できるので、いろいろなタイプのいぼに使用して効果を上げることが可能になります。このように美容外科では様々なタイプのいぼに合った治療を行い、痛みも少なく傷跡が残りにくいというメリットがあります。ここではいぼをとったり健康面での安全性を確かめたりするというだけではなく、美容面でもプラスになるような治療を行って美しい肌を作ることを目指していると言えます。さらに、いぼの原因としては加齢やウイルス感染など、いろいろなものがあり、これができる部位としても手足や顔など様々なので、それぞれに合った対策が必要です。これに対して美容外科ではカウンセリングを十分に行って、それぞれの症状に合った方法を選び、健康面でも美容面でも効果が上がるように心掛けているところがたくさんあります。また、この科の場合はいぼの治療で訪れたとしても、それ以外の症状の診察を受けたり美容に関する相談を行ったりすることも可能なので、その点でも非常に便利です。さらに、いぼの治療の際に、この科の場合はできるだけ痛みがないように麻酔などを使うことも多いので、治療中の痛みや皮膚への負担が少ないことが考えられます。以上のように、美容外科を受診する場合はいろいろなメリットがありますが、選ぶときは自分の症状に合ったところを探すことが大切です。そして、そのためにはインターネットなどで医院の情報を十分に集め、比較をした上で選ぶようにすると良いでしょう。また、この場合はできればその医院に関する口コミなどもしっかりと読んで参考にすると、役に立つ可能性が高いはすです。