1. ホーム
  2. 美容のアドバイスも

美容のアドバイスも

ウーマン

顔などにいぼができたら一般的には皮膚科で除去しますが、どのようないぼでも対処できるのがメリットです。液体窒素やレーザーなどを使えば簡単に除去でき、保険も使えるのでリーズナブルです。但し、レーザー治療の場合は、部位によっては保険適用外になることもあるので注意が必要です。一方、傷跡をどうしても残したくない場合は、美容外科を利用する方法があります。美容外科では様々なレーザーを利用できるメリットもあり、軽度ないぼであれば綺麗に施術後がなくなります。保険適用外であるため費用はかかりますが、治療法の選択が広がるので、納得のいく施術が受けられます。また、大きめのものでも実績の豊富なクリニックであれば、傷跡を殆ど目立たないようにすることができます。顔などのできたいぼの除去法としては、液体窒素を使って除去するのが一般的です。1週間ほどで除去箇所がカサブタになるので、それが自然に剥がれれば皮膚が再生されている証拠です。液体窒素は顔などの比較的に柔らかいいぼに充分効果を発揮しますが、手や足などの固い部分については、レーザーを使用することもあります。レーザー除去では施術に前に麻酔を施しますが、痛みを殆ど感じなくなります。一方、液体窒素の場合は、部位によっては激しい痛みを伴うことがあります。それ故、顔の治療で液体窒素が苦手な場合は、レーザーに切り替えることも一つの方法です。また、顔のいぼにはニキビと同じ種類のタイプもあり、中に詰まっている角質などを除去するだけで済むことがあります。顔などのデリケートな部分では、何よりも除去痕や傷跡が残らない治療法を選ぶことが肝心です。いぼの大きさや種類によっては色素沈着を起こすこともあるので、信頼できるドクターのいる美容外科を選ぶことが大切です。美容外科では、皮膚疾患を治療することだけが目的ではなく、美容上の課題を改善する治療も含まれているわけです。病院の皮膚科と比べて使用する機材が揃っており、美容を実現するためのノウハウやスキルも豊富です。特に顔など目立つ部分のいぼ除去であれば、美容外科は施術跡が残るリスクは格段に低いと言えます。背景には、病院の皮膚科などでは馴染みが薄いシミ治療に関して、専門的なスキルを有しているからです。シミ除去のレーザー治療や飲み薬治療、そしてピーリングなど総合的な対処法が受けられます。加えて、いぼ治療以外にも様々な美容のアドバイスを受けられるので、顔の手入れ法など専門家の貴重な意見を聞けるわけです。