1. ホーム
  2. 美容外科での仕組み

美容外科での仕組み

先生

サービスの違い

いぼ治療は従来の方法としては液体窒素を利用する方法がメインでしたが、現在ではレーザーを照射する方法を選択する人が増えています。レーザーを照射するメリットは、患部だけに施術を行うことが出来るので傷のサイズを最小限にすることができる点や、傷跡が目立ちにくい点です。さらにレーザーで焼き切る治療となっているので、出血が少ないというのも高く評価されている理由です。もちろん液体窒素を利用した時と同じように患部を清潔に保つ必要はありますが、レーザーの方が液体窒素よりも短期間で治る為、選ぶ人が増えているのです。レーザーを利用して治療したい場合は美容外科に行くことになりますが、最初からすぐにレーザーを照射するわけではありません。まずはカウンセリングを受け、いぼの状態を正しく把握し、本当にその治療法が適しているかどうかを検討することになります。もちろんレーザーを照射することに対する説明も受け、納得した状態での治療ということになっています。いぼの除去は他の方法でもでき、レーザーは審美面を重視した治療ということになるので基本的には健康保険を利用することはできず、全額自費となります。その為、自由診療となっているので治療費自体は美容外科が独自に設定できるようになっていて、各医院で費用の差が出ています。美容外科での治療の大きな特徴は、他の病院都市隠してもアフターサービスが充実しているということです。美容外科はただ単にいぼを取り除くだけでなく、傷口も美しい状態にすることを目的として治療が行われています。その為、いぼを除去したあとも傷口を出来るだけきれいにしてくれる施術を受けることが出来るようになっている点が高く評価されています。もちろん患部の状態によっては再施術が必要となることもありますが、再施術も行われているので、満足のいくところまで完璧さを追究することができます。またアフターサービスが充実しているので、もし万が一レーザーを照射したり、他の施術を受けたりした後に何かトラブルが起きてしまったとしても、直ぐに対応してもらえます。24時間対応の電話サービスを行っている所もあるので、何か困った時はすぐに相談できる点等も高く評価されているのです。いぼの治療はレーザーだけでなく液体窒素を利用したり、内服薬を利用したりするだけでなく、民間療法も存在しています。ただ傷口まで配慮した内容になっており、さらにアフターサービスが充実しているという点から美容外科は多くの人に支持されています。