費用と内容を比較

女の人

一般的な皮膚科では、いぼの治療に凍結療法が用いられます。保険が利くため費用が安い反面、痛みを伴い色素沈着が起こる可能性もあります。美容外科で行われるレーザー治療は、痛みが少なく跡が残りにくいのが特徴です。

複数のアプローチ方法

カウンセリング

いぼの対策は様々ですが、美容外科ではレーザーを使った治療によってきれいな肌にできる可能性が高いと言えます。ここでは健康面だけでなく美容面でも役立つような治療が可能ですが、医院を選ぶ際は自分に合ったところをしっかりと選ぶことが大切です。

いぼを取る方法

女の人

いぼ取りの除去施術とは

気になるいぼをなんとかしたいと考えている人は少なくありません。ただ、気にはなるもののどうしたら良いのかわからない、クリニックで取るのはちょっと怖いと感じている人が多いのもまた事実でしょう。でも自分ではどうにも出来ないことですから、いじって悪化させてしまわないよう、きちんと専門医に診察してもらうのがまず大切です。いぼに合う治療には様々ありますので、間違ったアプローチだけはしないようにしたいものです。そもそもいぼと一言で言っても、成り立ちによって種類が異なりますし、治療法も異なります。素人には見分けはつきませんので、自己判断で市販薬などを使ってしまうと、考えられない程ひどく悪化してしまう場合も少なくありません。実はいぼの多くはウイルス性のもので、無闇に肌を傷つけてしまうとかえってウイルスが大喜びし、大繁殖してしまう場合も多いのです。早くなんとかしたいなら、やはりクリニックで適切な処置を受けるしか解消の方法はありません。クリニックで行われる治療には、大きく分けて4種類あります。1つめは液体窒素で焼く方法です。もっともポピュラーな方法で、いぼを凍らせてかさぶたを作り、徐々に小さくして除去する方法です。1週間おき程度で数回通院する必要があり、施術時には少々痛みを伴いますが、保険適用となりますし、もっとも一般的な方法と言えるでしょう。2つめはレーザーで焼く方法です。炭酸ガスレーザーやYAGレーザーで焼くのですが、局所麻酔が必要で、大きないぼや難治性のいぼに用いられることが多いです。レーザーの場合再発しにくく、1回の施術で完治出来る場合も多いですし、痕も残りにくいので様々なメリットがあります。3つめは電気焼灼法で、電気メスを使って除去する方法です。局所麻酔をして手術を行うのですが、術後1〜2週間は赤みや痕が残るものの、2〜3ヶ月でほとんど分からなくなるのが一般的です。手術と聞くと怖いと思うかもしれませんが、時間はさほどかかりませんし、麻酔が切れた直後は多少痛みは出ますが、大きな負担にはならないでしょう。4つめは内服薬による治療です。薬剤は主に漢方が使われ、自分の免疫力を高めることで体の内部からいぼを除去する方法になります。すっかり治るまでにはかなり長い期間がかかりますが、様々な理由で手術が難しい場合や小さな子どもに用いられることが多い方法でしょう。また、いぼの数が多かったり、何度除去しても様々な部位にまた現れてしまったりするような体質の場合には、体内からのアプローチが有効と考えられています。

美容外科での仕組み

先生

美容外科でのいぼ治療はレーザーを照射する方法が選ばれており、傷口が小さく目立ちにくい等の点から高く評価されています。また24時間対応の電話相談等も行っている病院もあり、急にトラブルが起きた場合でもすぐに対応してもらうことが可能です。

美容のアドバイスも

ウーマン

顔などのいぼは通常、皮膚科で除去できます。但し、傷跡を残したくない場合は美容外科が適しており、たとえシミになっても総合的な施術法によって対処することができます。治療には液体窒素を用いますが、部位によってはレーザーを使って除去します。